TEL0120-41-4983

受付時間:8:30~17:00

今すぐお電話

フォークリフト法定点検INSPECTION

PCSでは、資格をもつプロの整備士が検査を担当。
メーカー・車種を問わずすべてのフォークリフトの検査が可能です。

  • リーズナブルな料金
  • 迅速で丁寧な対応
  • お客様リピート率90%超
最短60秒で入力完了!かんたん見積り依頼
点検種別
メーカー
トン数
お問い合わせ内容
次のステップに進む
郵便番号
法人名
担当者名
電話番号
メール
送信する
前の項目に戻る

点検の種類INSPECTION

特定自主検査(年次点検)

検査ステッカー

フォークリフトにも自動車の車検に似た制度があり、登録検査業者(厚生労働大臣に登録した検査業者)が年に1度、検査を行わなければなりません。安全のためにもフォークリフトに不具合がないか、必ず特定自主検査を実施しましょう。検査済のフォークリフトには、それを証明する検査済み標章(ステッカー)が貼付されます。

また、特定自主検査(年次点検)の点検記録は3年間の保存義務があります。標章の発行や点検記録の管理は、すべて当社にて実施いたしますので、安心してピー・シー・エスまでお問い合わせください。

定期自主検査(月次点検)

定期自主検査 検査表

1ヶ月に1度の定期自主検査(月次点検)は、法令で義務づけられています。資格がなくても実施可能な検査ですが、当社では有資格者が丁寧に対応いたします。豊富な実績と高い技術力をもつプロの整備士にお任せください。

※点検項目については、便利な「月次点検表」がございますのでぜひご活用ください。

作業開始前点検(始業点検)

作業開始前点検 検査表

「作業開始前点検(日常点検・始業点検)」とは日々の作業開始前に行う点検のことで、法令でも義務づけられています。点検資格のない方でも実施可能なので、一日安全に作業を行うためにも、毎日の点検は必ず実施しましょう。

※点検項目については、便利な「作業開始前点検表」がございますのでぜひご活用ください。

料金PRICE

点検費用は、下記の合計金額です。フォークリフトのクラスごとに料金が異なります。

  • 検査料金
  • ショートパーツ料金
    一律 3,500円
  • 証明書発行料金
    一律 2,200円
  • 出張料金
    8,000円~

(表示価格:税別)

クラス 検査料金
特定自主検査(年次点検) 定期自主検査(月次点検)
~1.0トン未満 28,000円 6,000円
1.0~2.0トン未満 36,000円 6,500円
2.0~2.5トン未満 40,000円 7,500円
2.5~3.5トン未満 45,000円 8,000円
3.5~5.0トン未満 53,000円 8,500円
5.0~7.0トン未満 62,000円 11,000円
7.0~11.0トン未満 70,000円 15,000円
11.0~18.0トン未満 75,000円 25,000円
18.0~22.0トン未満 140,000円 30,000円
22.0~24.0トン未満 180,000円 40,000円

※出張費用は最寄りの営業所からの距離に応じて、別途お見積りいたします。

ご依頼内容ついて

点検種別
メーカー
トン数
お問い合わせ内容

お客様について

郵便番号
法人名
担当者名
電話番号
メール
送信する

紹介動画MOVIE

法令についてREGULATIONS

特定自主検査(年次点検)

特定自主検査は登録検査業者(厚生労働大臣に登録した検査業者)が実施しなければなりません。

労働安全衛生規則第151条の21

1.事業者は、フォークリフトについては、1年を超えない期間ごとに1回、定期に、次の事項について自主検査を行わなければならない。
※特定自主検査は、事業内検査者または、検査業検査者でなければ実施できません。

  1. 圧縮圧力、弁すき間その他原動機の異常の有無
  2. デファレンシャル、プロペラシャフトその他動力伝達装置の異常の有無
  3. タイヤ、ホイールベアリングその他走行装置の異常の有無
  4. かじ取り車輪の左右の回転角度、ナックル、ロッド、アームその他操縦装置の異常の有無
  5. 制動能力、ブレーキドラム、ブレーキシューその他制動装置の異常の有無
  6. フォーク、マスト、チェーン、チェーンホイールその他荷役装置の異常の有無
  7. 油圧ポンプ、油圧モーター、シリンダー、安全弁その他油圧装置の異常の有無
  8. 電圧、電流その他電気系統の異常の有無
  9. 車体、ヘッドガード、バックレスト、警報装置、方向指示器、灯火装置及び計器の異常の有無

定期自主検査(月次点検)

定期自主検査は、どなたでも実施いただける検査です。

労働安全衛生規則第151条の22

1.事業者は、フォークリフトについては、一月を超えない期間ごとに一回、定期に、次の事項について自主検査を行わなければならない。ただし、一月を超える期間使用しないフォークリフトの当該使用しない期間においては、この限りでない。
2.事業者は、前項ただし書のフォークリフトについては、その使用を再び開始する際に、同項各号に掲げる事項について自主検査を行わなければならない。

  1. 制動装置、クラッチ及び操縦装置の異常の有無
  2. 荷役装置及び油圧装置の異常の有無
  3. ヘッドガード及びバックレストの異常の有無

作業開始前点検(始業点検)

作業開始前点検は、どなたでも実施可能な検査です。主に運転作業員が、日々のフォークリフト稼働前に行います。

労働安全衛生規則第151条の25

1.事業者は、フォークリフトを用いて作業を行うときは、その日の作業を開始する前に、次の事項について点検を行わなければならない。

  1. 制動装置及び操縦装置の機能
  2. 荷役装置及び油圧装置の機能
  3. 車輪の異常の有無
  4. 前照灯、後照灯、方向指示器及び警報装置の機能

有資格者が実施(労働安全衛生法第45条)

「特定自主検査」は、資格を持った検査者、または、許可を得た検査業者でなければ実施できません。

  1. 事業者は、ボイラーその他の機械等で、政令で定めるものについて、厚生労働省令で定めるところにより、定期に自主検査を行い、及びその結果を記録しておかなければならない。
  2. 事業者は、前項の機械等で政令で定めるものについて同項の規定による自主検査のうち厚生労働省令で定める自主検査(以下「特定自主検査」という。)を行うときは、その使用する労働者で厚生労働 省令で定める資格を有するもの又は第54条の3第1項に規定する登録を受け、他人の求めに応じて 当該機械等について特定自主検査を行う者(以下「検査業者」という。)に実施させなければならない。省令で定める資格を有するもの又は第五十四条の三第一項に規定する登録を受け、他人の求めに応じて 当該機械等について特定自主検査を行う者(以下「検査業者」という。)に実施させなければならない。
  3. 厚生労働大臣は、第1項の規定による自主検査の適切かつ有効な実施を図るため必要な自主検査指針を公表するものとする。
  4. 厚生労働大臣は、前項の自主検査指針を公表した場合において必要があると認めるときは、事業者若しくは検査業者又はこれらの団体に対し、当該自主検査指針に関し必要な指導等を行うことができる。

検査結果の保存(労働安全衛生規則第151条の23)

特定自主検査(年次点検)・定期自主検査(月次点検)の検査記録は、3年間の保存が法令で義務づけられています。

労働安全衛生規則第151条の23

1.事業者は、労働安全衛生規則第151条の21および、労働安全衛生規則第151条の22の自主検査を行ったときは、次の事項を記録し、これを三年間保存しなければならない。

  1. 検査年月日
  2. 検査方法
  3. 検査箇所
  4. 検査の結果
  5. 検査を実施した者の氏名
  6. 検査の結果に基づいて補修等の措置を講じたときは、その内容

検査済みステッカーの貼付(労働安全衛生規則第151条の24)

特定自主検査を済ませたフォークリフトには、目立つところに検査済みステッカーを貼付しなければなりません。

  1. 事業者は、フォークリフトに係る自主検査を行つたときは、当該フォークリフトの見やすい箇所に、特定自主検査を行つた年月を明らかにすることができる検査標章をはり付けなければならない。

異常発生時(労働安全衛生規則第151条の26)

異常が見つかった場合、直ちに補修・調整・補充・交換など、必要な処理をしなければなりません。

  1. 事業者は、第151条の21若しくは第151条の22の自主検査又は前条の点検を行った場合において、異常を認めたときは、直ちに補修その他必要な措置を講じなければならない。

罰則規定(労働安全衛生法第120条)

自主検査を行わない場合、50万円以下の罰金に処されます。「特定自主検査」については、無資格者が行っても、実施したことにはなりません。

点検の流れFLOW

STEP 1

お問い合わせ

まずはお電話、お問い合わせフォームからお問い合わせください。すぐに折り返しご連絡いたします。

STEP 2

下見・お見積り

ご相談に応じて、フォークリフトの下見を行います。また、担当者よりお見積りのご連絡をいたします。

STEP 3

実施

各種点検項目に沿って検査を実施いたします。併せて点検結果についてご説明させていただきます。

STEP 4

証明書の発行

点検完了後、年次点検証明書のお渡しをし、完了です。

よくあるご質問Q & A

お客様からお問い合わせの多い項目をピックアップしました。

法定検査はしなくてもよいですか?
いいえ、法律で義務付けられています。罰則:50万円以下の罰金
法定検査にかかる費用はディーラーより安いですか?
正規ディーラーよりも競争力のある価格を提供しております。ぜひ比較してみてください。
法定検査はどこで行うのですか?
お客様のご使用場所にて出張して実施いたしますので、代車や運搬費用をカットすることができます。なお、弊社にフォークリフトをお引き取りしての点検も可能です。※別途回送費がかかります。
法定検査に掛かる所要時間はどのくらいですか?
3時間程度のお時間をいただきます。 ※仕様・使用環境・検査実施場所により異なります。
法定検査後の故障に関する保証はありますか?
申し訳ございませんが、点検後の故障保証はございません。ただし、長年の経験を生かし、万全の整備をさせていただきます。
法定検査により明らかになった要修理箇所の修理対応はどうなりますか?
あらかじめ点検対象のフォークリフトを下見させていただき、通常の点検費用以外の修理についてもお見積りさせていただきます。お客様のご了承なしに修理を実施・請求することはありません。ご安心下さい。
法定検査スケジュールの管理はしていただけるのですか?
一度点検させていただいたフォークリフトについては、1年後の点検時に自動的に期限のご案内をさせていただきます。
クレジットカードでの支払いは出来ますか?

クレジットカードでのお支払いもご利用いただけます。

上記ブランド(VISA, MasterCard, JCB, AMERICAN EXPRESS, Diners Club International, Discover )に対応しております。
ブランドロゴのあるカードであれば、発行しているクレジットカード会社を問わず、ご利用いただけます。

お客様の声REVIEW

K社 様★★★★★
メーカー 重量 動力
TCM 4.0t ディーゼル
K社 様
  • お問い合わせ方法:ホームページお客様エリア:茨城県常総市 no data

    法定点検の費用を抑えようとインターネットで調べてみました。
    他社よりもコストが抑えられると思い依頼をしました。
    従来点検をしていた会社よりも丁寧な作業でしたので、次回も依頼したいと思います。

  • 担当者のコメント:埼玉営業所 掛端

    この度は特定自主検査のご依頼ありがとうございました。金額だけでなく、丁寧な作業だったとのお言葉をいただき非常にうれしく思います。
    次回の点検もぜひ当社にお任せください。今後とも末永くよろしくお願いいたします。

B社 様★★★★★
メーカー 重量 動力
ニチユ 1.5t バッテリー
B社 様
  • お問い合わせ方法:ホームページお客様エリア:群馬県館林市 no data

    フォークリフトの年次点検の時期となり相見積もりのため問い合わせしてみました。
    問い合わせからの連絡もはやく、段取りも良く希望に沿ったかたちで行っていただきました。

  • 担当者のコメント:埼玉営業所 掛端

    ホームページからお問い合わせをいただき、見積りを提出いたしました。2台お任せいただけるとのことでご注文をいただきました。段取りがよかったとお褒めのお言葉をいただきました。
    今後とも末永いお付き合いの程よろしくお願いします。

T社 様★★★★★
メーカー 重量 動力
トヨタ 1.5t ガソリン
T社 様
  • お問い合わせ方法:ホームページお客様エリア:神奈川県川崎市 no data

    昨年にも点検をお願いしましたが、価格や点検時の対応で大変満足しましたので今年もお願いしました。
    やっぱり費用も安く済み、大変満足しています。

  • 担当者のコメント:神奈川営業所 石川

    年次点検のご注文、誠にありがとうございました。次回も年次点検や修理のご依頼をお待ち申し上げております。
    フォークリフトの事はすべておまかせください。

お客様の声をもっと見る

ご依頼内容について

点検種別
メーカー
トン数
お問い合わせ内容

お客様について

郵便番号
法人名
担当者名
電話番号
メール
送信する